Black McCormick

結論から言うと、就職に困ったヤンデレ女子大生の自殺はSRレアです。

若者が年間1000人で自殺するのとその15倍以上のオッサンが自殺しているのは、どっちが問題なんだろう?たぶん、メディア受けを考えるなら、前者です。前者を取り上げたほうが、社会批判が大好きなオッサンが「ケシカラン!!」というからです。そして、実際、自殺するのはオッサンです。もしかすると、このブログの読者層の近い将来かもしれません。

そして、50代がいちばん多いです。たしかに、自殺しようとしている独身50代鬱病童貞職歴ゼロ加齢臭MAXのオッサンに「生きてれば、いいことあるよ!」と言っても、「ねえよ!」と返されそうですし、残念ながら、ぼくも次の言葉が見つかりません。

ちなみに、統計を見る限り、無職の次に、よく自殺するのが、自営業だそうです。フリーの皆さんはメンタルに気をつけましょう。

この自殺統計を見ると日本に自殺が多い理由は、就職がどうのではないように思います。統計的に異常にオッサンに偏っています。自殺原因の統計も載っているので、それを見る限り、原因は健康問題や経済的な理由が多いように見えます。

ぼく個人の感想ですが、日本に自殺が多い本当の理由は、オッサンの居場所も仕事も無いことだと思ってます。若者が生きづらいとかそんなのは関係ないです。それより、無職のオッサンが生きづらいのです。

まぁ、そのうち、自分も気が狂って、そうなるんだろうな、と思ってます。

ろうそくの火で発電するスピーカー『Pelty』が登場しました!

takachan:

imageろうそくの火で発電するBluetooth搭載のスピーカー『Pelty』が開発されました。 こんな小さなろうそくの火で発電できるの?と疑問に思いますよね(・・? 仕組みは、『ペルティエ素子』という部品が熱せられて電気が発生 […]

ろうそくの火で発電するスピーカー『Pelty』が登場しました! iPhone女史 の記事です。 http://j.mp/1nfuT0b iPhone女史

yamasitataihei:

就職難の際に仕事は選ばなければあるって話が出るけど、人材不足の際に給料を惜しまなければ人材は集まるだとか、選ばなければ人材不足などないというような意見が出てこないのが不思議で仕方ない。

「本能寺の変」とか「大塩平八郎の乱」とか、「変」と「乱」って何が違うんだよと思ってたらどうやら、その出来事で世界が「変」わった(成功)のが「変」、その出来事が失敗してただ世界を荒らした扱いになるのが「乱」らしい。これで随分歴史が楽しくなった。

— 潤 (@jun_present) 2014, 7月 13
(via s4wd)

先月、上田市で開かれたシンポジウム。地域医療問題に取り組む千葉県東金市のNPO理事長が講演で、報道のあり方を取り上げた。地元で病院に受け入れを断られた患者が亡くなった出来事を、ある全国紙は「受け入れ拒否」と報じた。NPOは当日の病院の勤務実態を調べ、診察に追われる当直医の多忙さを情報誌に掲載した。

 「拒否ではなく『受け入れ不能』なのだ」というのが、現場の声だ。「現場、行政は実情を伝える勇気を持ち、市民は耳を傾けるべきだ」と理事長は訴えた。報道には両者をつなぐ役割があるはずだ。(宗)

しらかば帳:医療現場の声 /長野 - 毎日jp(毎日新聞)

大淀病院の事件報道で地域医療と産科医療を破壊した毎日がどのツラ下げて言いやがる。

マスコミたらい回し 大淀病院 site:iori3.cocolog-nifty.com

(via qyen) (via taxima2)

(via omasayan) (via vmconverter)

(via ipodstyle) (via tnoma) (via yaruo)

(via amanyo) (via gkojax-text) (via niyata2807)
ドイツ人の「規則だから守らなければならない。」が素晴らしい点は「合理性のない規則なら撤廃すべきだ。」が必ずセットであるところ。
Twitter / atomfe (via rpm99)
ところで最近は幼い女の子を監禁した上で「自分の理想の女性に育て、いずれは結婚しようと思った」という男性が話題だけど、これがいたいけな社畜を深夜まで会社に監禁した上で「自分の理想の社員に育て、いずれは幹部にしようと思った」というのと酷似してる事に気づき、若干身の危険を感じてきた。
とりあえず能力と収入の間には弱い相関しかないので、他の人の収入が多いのを「おかしい!」みたいに嫉妬したりする必要はぜんぜんない。お金がほしい人はお金の流れてるところに行く努力をせよ、というだけのこと。

私が取材した外国人研修生・技能実習生の実態の一部を紹介します。

時給は1年目が200円、2年目が300円で、勤務時間は午前7時から午後10時までが定時。しかし実際は深夜12時過ぎまで続き、なんと深夜12時以降は時給でなくボタン1個をつくるごとに5円などという完全ノルマ制になっているところがありました。休日は月に1度のみで、彼女たちはパスポートを取り上げられ、自由な外出も許されず、真冬に取材したのですが、住まいはあばら家ですきま風が吹き放題なのに、ストーブもエアコンもなく、お湯もでないので、彼女たちはダウンジャケットを着て部屋の中にいて、私が帰ろうとしたら、お湯を沸かし出して、どうするのか見ていたら、沸かしたお湯を2リットルのペットボトルに詰めて、それを抱えて湯たんぽ替わりにして布団の中にもぐりました。どうりで部屋の中に空のペットボトルが置いてあったなと思っていたのですが、そういう尋常でない状況があったわけです。

外国人研修生・技能実習生の雇用契約書の中に、とんでもないことが書かれているところもありました。その雇用契約書には、「会社の言うことは絶対に守らなくてはいけない」「定められた休日以外は休んではいけない」、そして、「男女交際をしてはいけない」「妊娠してはいけない」という文言までありました。ここで働いているのは、20代、30代の大人です。恋愛も妊娠もなぜ会社に否定されなければならないのでしょうか。

工場の壁に表が貼ってあって、外国人研修生・技能実習生の名前が一人ひとり書いてありました。その表には、1日に何回トイレに行ったかを書き込んでいるのです。1回トイレに行ったら1分間で70円の罰金と書いてある。後で調べてみたら実際には罰金は徴収されていなかったのですが、現場の外国人研修生・技能実習生に対して脅しとしてトイレの回数と時間まで拘束することで、1分でも長く働かせようとしていたわけです。

深刻なのがパワハラ、セクハラです。工場の敷地に外国人研修生・技能実習生がズラリと並べられていて、この工場の専務が右から順番にビンタしていくのです。パンパンッとかなり大きなビンタの音が工場に響いていて、私が駆けつけたので途中でやめましたけど、なぜビンタをしているのか?と聞くと、「こいつらが生意気なんだよ。日本人と同じ給料にしろと迫ってきたんだ」と言うのです。

そして、セクハラはより一層深刻なものがあります。20代の女性のケースを取材したことがあります。そこの経営者が「君は工場で働かなくていいから、うちの手伝いをしろ」と言って、経営者の家の掃除や犬の散歩などをその女性に押しつけました。そして、夜になるとその経営者がやってきて、彼女は抵抗したのですが無理やりレイプされてしまったわけです。それから彼女はお金を稼いで帰国しなければならないために経営者にさからえず、そうした行為が続いたわけです。経営者は行為を終えると枕元に1万円を置いたそうです。彼女はその1万円を受け取るかどうか迷ったそうです。迷った末に受け取る道を選びました。彼女はお金を稼いで帰国する必要があったからです。

【安田浩一氏談、文責=井上伸】

263 名前: ン 投稿日:2008/10/19(日) 23:53:52.08 
かつて日本の教育改革を担当したGHQの役人は、こう豪語したそうだ。
「日本の教育を変えて、今後は天才が出ないようにします」

戦後、彼らが押しつけてきた教育プログラムの要点は、次のようなものである。

第一に、白人に対する徹底的な劣等感を植え付けること。
第二に、アメリカは素晴らしい国だと信じ込ませること。
第三に、自分独自の意見を作らせないこと。
第四に、討論や議論を学ばないこと。
第五に、受身のパーソナリティを作ること。
第六に、一生懸命勤勉に仕事させること。
第七に、目立つ人の足を引っ張ること。

これらは、イギリスの植民地だったインドで実践された教育方針そのままだ。
要するに、上からの命令に疑問を持たず、与えれた課題だけを勤勉にこなす“しもべ”を作る教育である。

『暴かれた[闇の支配者]の正体』 P.128~129 ベンジャミン・フルフォード 著

加トちゃんブログは本人の急速な老化や奥さんのハイカロリー手料理ばかりが突っ込まれてるけど、日々投稿される格言めいた言葉が、決まって聖教新聞や人間革命から引っ張ってきたものな点も密かな見どころだと思う。
Twitter / NTYjp (via keisuh)
ところで最近は幼い女の子を監禁した上で「自分の理想の女性に育て、いずれは結婚しようと思った」という男性が話題だけど、これがいたいけな社畜を深夜まで会社に監禁した上で「自分の理想の社員に育て、いずれは幹部にしようと思った」というのと酷似してる事に気づき、若干身の危険を感じてきた。
会社で「ビオレさらさらパウダーシート せっけんの香り」はマジで理想の女の子の匂いがすると聞いて実際買って嗅いでみたんだけど、本当に衝撃的なくらい女の子の匂いだこれ…
Twitter / gerusea (via hutaba)
323 :可愛い奥様 :2009/10/22(木) 19:25:31 ID:uJYFratT0
バブル期の東京で、高級イタリアンのお店があって、シェフはイタリア人だった。
が、バブル崩壊でお店(自体は繁盛していたが、親会社が)潰れ、
シェフはNYのレストランに引き抜かれアメリカに渡った。

が、数年後に平成不況まっただなかの日本に戻ってきた。
NYのレストランより、かなり劣る条件にも関わらず、
何故?と、かっての常連客が日本に出戻ってきたシェフに尋ねてみたら
「日本の客は、味が判る。アメリカは最悪!あんなところにいたら、俺の腕が悪くなる!」

何でも、アルデンテのパスタを出したら
「硬い!、芯が残っている!、失敗作だ!」と突っ返される。
味付けもひたすら脂っこく、濃い味つけにしないとダメ。
素材の味を楽しむ、繊細な味付けにすると
「味がついていない!」と、クレーム。
野菜なんか、クタクタに茹でないと「生茹で!」と言われる。
「アメリカにいる間、心の支えは日本からの常連さんだった…」
(日本にいた頃の客が、出張や駐在の折に来店してくれた。
日本人客の時だけ、思う存分腕がふるえたとか)と、嘆いていたよ。
井上太郎 @kaminoishi · 7月22日

いかさまのあしなが育英会の背景であるNPO法人レインボーブリッヂは、水谷建設から3億円相当の中古重機の寄付を受け、北朝鮮に向けて不正輸出。その背景には北の砂利利権獲得があります。水谷建設・レインボーブリッジで登場する政治家は、小沢・亀井・古賀・野田毅、拉致問題解決の邪魔です。


安倍おろしの急先鋒である古賀誠宏池会前会長は、北朝鮮関連企業を含む九州コンクリート製品協会から多額のパーティ券を買ってもらっています。北朝鮮の砂利は川砂利・川砂で、海砂利・海砂と違い貴重です。総連と組み、競馬場やコンクリと混合で莫大な利権です。安倍総理が邪魔で仕方ありません。


北朝鮮の利権関係を暴くことは、私自身は危険でしょうが、拉致問題解決のために排除することが必要であり日本のためです。朝鮮やくざ、総連工作員、売国議員、関連業界の利益のために国益が失われてはいけません。利権に関係なく、御互いの国として正攻法で拉致問題を解決する姿勢に邪魔です。


安倍おろしの野田聖子議員が訪韓し、また舛添都知事も訪韓します。日韓関係をこのままではいけないとわざわざこちらから訪問です。日韓関係を悪くしているのは絶対的に南朝鮮です。安倍政権による対南朝鮮戦略に逆行することは国益の損失です。舛添都知事に至っては五輪での協力まで会談です。


野田聖子議員始めとする訪韓は、日韓議員連盟の超党派の女性議員たちです。いわゆる親韓派ということですが、何故か親中派と一致しています。目立ちませんが、小渕優子議員も参加しています。売春婦問題で河野談話作成経緯の検証に積極的ではないという共通もあり、何を話してくるか監視が必要です。